どうなる?
今後のサロンカラー

現段階ではノンジアミン”コスメ”カラー(化粧品登録)の需要はアルカリカラーや香草カラー に比べ少ないかもしれませんが、近年中にはマストアイテムになると推測しています。

なぜなら、アルカリカラーも香草カラーも酸化染料を含みますので ジアミンアレルギー体質の方には『ノンジアミンカラー』でなくては施術できないのです。

100回ヘアカラーしてもなんともなかったのに、101回目で突然、症状がでることもありうるのがジアミンアレルギーの怖さです。

  • 適切な対応/行動をするためには?
  • カラー剤とアレルギーについての知識があること
  • 「ジアミンアレルギー体質の方へも施術ができる
    ノンジアミンカラーを準備しておくことが大切です!」
サロンカラーの種類と目的