ヘアカラーを楽しみたい全ての方に
心はなやぐ髪色の出会い

KOSO COLOR IROHA
香草カラー色葉®︎

ライフスタイルにこだわり、髪もカラダの一部と考える健康志向の方、ジアミンアレルギーやアルカリカラーで刺激を感じる肌の弱い方など、ヘアカラーに対して消極的だった全ての方が「今回はどの髪色にしようかな。」「若々しく、おしゃれな髪色にしたいな。」
そんな”新しい自分”に出会える『香草カラー色葉®︎』

髪いろどり、ココロはなやぐ。
植物成分※97.4%配合のコスメカラー。
※「香草カラー色葉®」全6色に配合される成分の平均値です。

“ヘアマニュキュア”でも”ヘナ”でもない新たな選択
コスメカラー®︎「香草カラー色葉®︎」

植物成分※97.4%配合の
ほぼ植物成分でできた自然派ヘアカラー

※「香草カラー色葉®︎」全6色に配合される成分の平均値です。

天然植物ナンバンアイとヘナをメインに、数種のHC染料で自然で美しい髪色を表現。
さらに下記の植物成分が髪へ自然の恵み溢れるトリートメント効果を発揮。

ナンバンアイ葉
マメ科コマツナギ属の植物の葉。この葉から採れる、主に染織に使用されることが多い藍色の成分(インディゴ)を染料として使用。
ヘナ
ミンハギ科の植物。この葉に含まれるローソンという赤色(オレンジ色)の色素を染料として使用。また、ケラチンに結合する。
HC染料
あざやかな色調のヘアカラー染料。毛髪に浸透して染色をする。

配合植物成分

ナンバンアイ葉

ヘナ

柿葉

カミツレ花

セージ

ウンシュウミカン果皮

ローズマリー葉

酸化染料フリーで肌と髪をいたわる処方

「香草カラー色葉®︎」ではジアミンアレルギーの原因となる『酸化染料』の配合を一切省き、かつ下記にある一般的なアルカリカラー(クリーム形状)で必要とされる成分を配合しておりません。

アルカリカラーで使用される成分で、「香草カラー色葉®︎」に不要な成分

配合成分 役割 髪と肌に対する危険性と影響
ジアミン
(酸化染料)
毛髪への染色ため 「アレルギー性接触皮膚炎」発症の恐れ(ジアミンアレルギー)
アルカリ剤 キューティクルを開き、薬剤の浸透と酸化反応の促進 毛髪の損傷に大きな影響を与える
オキシ
(過酸化水素)
酸化反応によるメラニン色素の破壊と酸化染料の発色促進 毛髪内部のケラチンを酸化分解する
界面活性剤 クリーム状に形成するため 肌に刺激を与えることがある
防腐剤 薬剤の腐敗を防ぐため 肌に刺激を与えることがある
シリコーン ツヤと指通りを良くするため 健やかなツヤ感の再現には不要
香料 施術による嫌臭の抑制 染毛において不要

※「香草カラー色葉®︎」において表記された成分は一切配合していません。

染毛の仕組みと発色のメカニズム

天然植物染料(インディゴ・ローソン)が毛髪のケラチンと結びつき、しっかりとした染毛を実現。
また、HC染料をバランス良く組み合わせることで、日本人の肌に合った深みある美しい髪色を再現。

ローソンヘナ

赤色系の天然色素(ローソン)が毛髪内部に浸透し、ケラチンへ化学結合して染着

インディゴナンバンアイ葉

ナンバンアイ葉に含まれる成分が毛髪内部に浸透し、インディゴに変化して染着

HC染料

毛髪表面及び、内部に吸着して染着

植物成分※97.4%配合のコスメカラー

香草カラー色葉®︎

(全6色:各300g)

・酸化染料は使用していません。
・天然植物(ナンバンアイ葉・ヘナ)の染料とHC染料を組み合わせた奥ゆかしく美しい色味。
・溶けやすくダマになりにくい、きめ細やかなパウダー形状。
・植物成分で髪と頭皮をいたわり染毛します。
・健やかなハリ・コシ・ツヤのある髪に保ちます。

自然と調和するブラウン6色
こげ茶 くり茶
あずき茶 もみじ茶
ふじ茶 うぐいす茶
ダメージ具合など毛髪の状態によって、表示通りの色が出ない場合がございます。

「香草カラー色葉®︎」専用溶き水

色葉水

(1000mL)

・ナンバンアイ葉に含まれる染料の発色を助け、色の定着を促します。
・パウダーをなめらかなペースト状にし、塗布時に操作性を良くします。
・主成分はブロム酸(酸化剤)を使用しています。

「香草カラー色葉®︎」専用加温器

ヒートキャップ

・髪全体に熱が均一に伝わるため、ムラなく染まります。
・首が自由に動かせるので、お客様に負担をかけず、楽に加温できます。
・加温器として、トリートメントなど他の用途にも使用できます。
・コンパクトで場所を選びません。
・室温や体温の状況に応じて、2段階※の温度設定が可能です。また、キャップ内温度が70℃を超えると自動で電源が切れる安全設計です。
※「香草カラー色葉®」施術の際はHI設定を推奨します。

FAQ
よくある質問

パッチテストはした方がいいですか?
本製品の配合成分により、まれにかぶれる方がいます。
ご使用の際は必ずパッチテストをしてください。
  • 使用する染毛剤を、使用法に定められた割合で混合してテスト液を作ります。
  • テスト液を綿棒にとり、腕の内側に10円硬貨大に薄く塗布し、30分程度自然乾燥させてください。 ※テスト液を塗ったところは絆創膏などで覆わないでください。
    ※30分くらい放置しても乾かない場合は液のつけ過ぎです。余分な液をコットンやティッシュペーパーでこすらないよう軽くふき取ってください。
  • そのまま触らずに48時間放置します。テスト部位の観察はテスト液塗布後30分くらいと48時間後の2回行ってください。
  • 塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水泡、刺激などの皮膚の異常があった場合には、48時間以前であっても、直ちに洗い落とし、染毛施術をしないでください。
  • 48時間後、テスト部位に異常が無けれな、すぐに染毛できます。
パーマとの相性は?
ヘナが含まれるので、多少パーマのかかりが悪くなることがあります。
同日施術をする場合は、パーマ液で染料が落ちてしまうため、パーマを先にすると良いでしょう。
カラーチェンジ出来ますか?
天然植物染料は色持ちが良いのですが、そのぶん通常のアルカリカラーに比べると
カラーチェンジしづらくなります。
加温しないとダメですか?
しっかり加湿することで染料が髪に浸透するので必ず加温してください。
色葉水ではなく、お湯だけで染まりますか?
色葉水は植物染料の発色の手助けや色の定着を促すものなので、お湯だけでは正しい髪色に染まりません。

FLOW
香草カラー色葉®︎の使い方

1

ウェット or
プレシャンプー

2

薬液を作る

薬液を作ります。
60度以上のお湯をお使いください。

配合比率
薬剤
色葉水
お湯
1
2
2
3

塗布

たっぷりと乗せるように塗布します。

4

加温

フェイスラインに湿らせたコットンを貼り、ラップをして、必ずヒートキャップで30分加温してください。

5

カラーチェック

色の入りが悪い場合は5〜10分加温をプラスしてください。

6

クーリング

ラップをしたままの状態で15分クーリングします。

7

シャンプー&
トリートメント

乳化は必要ありません。

1

ウェット or
プレシャンプー

2

薬液を作る

薬液を作ります。
60度以上のお湯をお使いください。

配合比率
薬剤
色葉水
お湯
1
2
2
3

塗布

たっぷりと乗せるように塗布します。

4

加温

フェイスラインに湿らせたコットンを貼り、ラップをして、必ずヒートキャップで30分加温してください。

5

カラーチェック

色の入りが悪い場合は5〜10分加温をプラスしてください。

6

クーリング

ラップをしたままの状態で15分クーリングします。

7

シャンプー&
トリートメント

乳化は必要ありません。

※ご使用の際は必ずパッチテストをしてください。